部門紹介

いろいろリハ Various rehabilitation

当院ではリハビリテーションを特に重要視しています。高齢の患者さんの場合、急性期治療を終え入院された患者さんの日常生活動作(ADL)は病前と比較し著しく低下しています。在宅復帰のためには十分なリハビリテーションが必要です。地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟での充実したリハビリテーションにより在宅復帰を目指すことはもちろん、退院後も訪問リハビリテーションなどの在宅部門にも力を入れ、安心できる在宅生活を支えます。

個別リハビリテーション
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が個別リハビリテーションを実施します。運動機能や認知機能、嚥下機能など患者さんの状態を総合的に評価し、最適なリハビリテーション計画を立案し、お一人おひとりに応じた治療法を選択し実施します。集中的なリハビリテーションを提供することで在宅復帰サポートを行っています。
集団リハビリテーション
入院生活の一番の問題は治療のための安静によりもたらされる廃用症候群です。当グループでは人とのふれあいや楽しみの要素を取り入れた小集団(5〜10名)でのリハビリテーションを行っています。1日1〜3時間、療法士が日々異なるプログラムを提供します。日中ベッドで寝ている時間を減らすことは、運動や認知機能の低下を予防するとともに回復への近道となります。
摂食嚥下
リハビリテーション
高齢者は疾病などで状態が悪化したとき、嚥下機能が低下し食事ができなくなることが少なくありません。疾病は治癒したものの、食事ができなくて在宅復帰できないということが問題になっています。 言語聴覚士を中心に入院後早期から介入し嚥下機能を評価し、評価結果に従って適切な食事を選択し訓練を進めていきます。
膀胱直腸機能
リハビリテーション
尿意・便意の回復とトイレ動作の獲得は、在宅復帰を目指すリハビリテーションにおいて、摂食嚥下と並ぶ最重要課題のひとつです。自らの意志で、自らトイレで排泄を行う。この当たり前の行為を入院後早期から行っていただけるように全力でサポートしています。
ホームワークの
促進
個別・集団リハビリテーション以外の時間を有効に活用していただくため、療法士は患者さんお一人おひとりに応じたホームワーク(自主練習)を提供しています。患者さんが高いモチベーションでホームワークを実施することが退院への近道です。コーチ役としての療法士のスキルも非常に重要となります。
総合的なリハビリテーション視点
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は各々の職種としての専門性を高めながら、お互いの専門性を知り・認め、そして共有し合います。特に在宅でのリハビリテーション実施時にはトータルな関わりが求められています。また、この視点は強力なリハビリテーションチームをつくるには不可欠な概念です。