健診部

特定健診・特定保健指導について Specific health checkup and counseling guidance

特定健診および特定保健指導について

平成20年4月より40歳~75歳の被保険者・被扶養者を対象に特定健診・特定保健指導が始まりました。
糖尿病・高血圧症などの「生活習慣病」の該当者、予備軍を減らすため、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した生活習慣病予防対策が導入となります。保健師や栄養士が指導し、生活習慣病の予防を目指します。今までの病気の「早期発見」「早期治療」のための健康診断・健康指導に加えて、「生活習慣病予防」のための特定健診・特定保健指導を通して、みなさんの生活習慣改善のお手伝いをいたします。

当センターでは特定保健指導を実施するにあたり、保健・栄養・運動・心理相談の各専門分野に資格者を配し、研修会にも参加しレベルアップに努めています。

特定健診におけるハイリスク群の区分について

特定健診はハイリスク群が3つに区分されます

  • 積極支援レベル:メタボリック症候群
  • 動機づけ支援レベル:予備軍
  • 情報提供レベル

メタボリックシンドロームとは

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上に該当する状態です。
そのままにしておくと心筋梗塞や脳梗塞など重大な病気の引き金になるものです。これは、40~74歳までの方を対象としたメタボリックシンドロームおよび予備群の方を抽出する事を目的とした健診です。

診断基準

腹囲(おへそ周り)が基準値①を超え、かつ以下の②~④の項目中2つ以上で基準値を上回っていること

①腹囲(おへそ周り)
男性85cm以上
女性90cm以上
(腹囲測定実施不可の方はBMI 25以上)
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
②血糖
空腹時血糖 110mg/dl以上 または HbA1c 5.2%以上
③脂質
TG(中性脂肪)150mg/dl以上 または HDLコレステロール 40mg/dl未満
④血圧
最高(収縮期)血圧 130mmHg以上 または 最低(拡張期)血圧 85mmHg以上
医師の判断により検査
健保組合により、両方またはどちらかを測定します。徳島県下の自治体の国保加入者に限りクレアチニン・尿酸も測定します。

特定健診の流れ

STEP 1 予約

お電話またはご来院の上、ご予約を承ります。

STEP 2 事前準備

検査に必要な書類を事前に郵送いたします。

STEP 3 健診当日

必ず健康保険証・特定健康診査受診券をお持ちください。

STEP 4 受診後

・検査結果票は郵送にてお届けいたします
・検査の結果によっては再検査や外来の受診が必要になることがあります
・ご希望の方には併設する東浦平成病院の外来へご紹介も行なっております

完全予約制となっております。
必ず電話またはご来院の上、予約をお済ませください。

0120-670-503
(東浦平成病院 健診部 まで)
お問い合わせフォームはこちら