入院

医療療養病棟 Medical care ward

医療療養病棟とは

継続的な医療、及び高度看護ケアが必要な患者さんを対象とした病棟です。要医療度が高く、自宅や施設での療養が困難な方が入院対象となります。可能な限り在宅復帰、あるいは施設への退院を目標としたリハビリテーションを提供します。
また、充実した患者さんサポート体制やICT(感染対策チーム)など多職種によるチーム医療を展開しております。

病棟の特長

リハビリに専念できる環境
高度急性期病院での治療が終わったもののすぐに在宅復帰できない患者さんに対して、集中的な治療と積極的なリハビリテーションを行っています。専従のスタッフを配置し、リハビリに専念できる環境が整えられています。
積極的な
リハビリテーション
1対1で行われる個別のリハビリテーションではそれぞれの患者さんに合わせたプログラムを提供しています。患者さんみなさんで行う集団でのリハビリテーションでは積極的に離床を促し、みなさんで一緒に行う体操やレクリエーションを主に行っています。
在宅患者さんの状態悪化時
即時受入れ(Sub Acute Care)
在宅療養や施設入所している患者さんの状態が悪化した場合、主治医や施設スタッフからご連絡をいただき迅速に入院受け入れを行います。
入院直後から積極的な治療を行い早期の退院を目指します。即日入院にも対応いたします。
急性期後の治療を引き継ぐ
(Post Acute Care)
急性期後の様々な状態の患者さんに対応できるよう、きめ細やかな医療を提供できる体制を整えております。 急性期後の患者さんを早期に受け入れ、できるだけ早く自宅や施設に退院していただくことを目標に治療を行っています。
退院後も続くケア
在宅復帰あるいは介護施設に退院後も誤嚥性肺炎や尿路感染などで治療を要する状態となった場合、迅速に入院受け入れが出来るよう体制を整えております。

病棟概要

病床数
4階60床 5階48床
医師数
4名
看護配置基準
20:1