入院

レスパイト入院について For Respite hospitalization

レスパイト入院とは

常時医療管理が必要な方が在宅で療養されており、介護者の事情(介護者の事情で介護が困難になった場合、介護に疲れを感じた際等)により在宅での介助が一時的に困難になった場合に、短期入院できる仕組みです。

受け入れ可能な方

医療的管理をされている方の短期間の入院です。
神経難病の方、人工呼吸器を装着された方、気管切開、胃瘻、腸瘻等経管栄養等、治療に関わる処置が必要な方々です。

申し込みについて

レスパイト入院のお申し込み・ご相談等については、地域連携室へお問い合わせください。

また、レスパイト入院については、病院のベッド状況に応じて必ずしもご希望に添えない場合があるので、事前にお問い合わせください。